乾燥肌のかゆみ対策

乾燥肌で粉がふいたようになってしまい、かゆくてガマンできない!という症状でお悩みの方は多いと思います。
冬に手足がかゆい、時には顔もかゆくなる…という困った症状の原因は何なのでしょうか。

肌が乾燥して、角質層が乱れることにより、「かゆみ」がそのサインとして出現します。
ですので、乾燥肌に起因する「かゆみ」を止めるには、角質層の乱れを整えることが重要です。

  1. 肌を深部から保湿すること
  2. かきむしる等の物理的刺激を与えない
  3. 乾燥を避けることといった三大対策が必要です。

身体の皮膚が乾燥してかゆい時、市販されている塗り薬を使用する方も多いことでしょう。
しかし市販されている「かゆみ止め」は、それぞれの肌との相性がありますし、ステロイド剤が含まれているかゆみ止めを長期的に利用すると、時には逆効果となるケースもあります。

乾燥肌向けの化粧品も、他の含有成分でむしろ肌が荒れてしまう方もいらっしゃいます。
日常生活に支障が出るくらいのかゆみなら、躊躇せず皮膚科を受診するのをお勧めします。

コメントを残す